読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BLOG.NOIRE

THINK ABOUT SOMETHING.

輪廻転生の不可能証明 Ver1.0

定義

輪廻転生とは同じ光の再現(世界へのデジャヴ)である

 

定理一
黒に属する内は精神は一切の感覚を持たず、精神はそれを超える光に宿る

 

証明一
夢とは黒を超えない閾値未満の発光現象であり、受肉とは黒を超える閾値以上の発光現象である。例えば睡眠と覚醒は天地創造の比喩であり、その比喩で考えてみると、睡眠の間は世界は黒であり、滅びているが、夢が何処からともなく現れて、閾値未満の自我が朧に立ち上がり、覚醒で以って完全に立ち上がり、黒を圧倒する。即ち閾値を超えた光である。これを自我論的に考えてみると、全ての人間の自我は零歳から始まるのではなく、精々二、三歳から始まるものであり、それまでは何の意識も記憶も存在しないが、この期間の以前が黒に、只中が夢に、以降が自我の覚醒即ち光に相当する。またこれを宇宙論的に考えてみると、宇宙年齢は138億年とされているが、厳密にはビッグバン以前の時間も含めなければならず、それが黒であり、ビッグバンに到るまでの兆しが夢であり、以降が世界の受肉即ち光に相当する。仮に黒を超える光に到らなければ世界は只々黒のままであり、あるいは只々夢に終わるのみであり、一切の感覚を持つことなく過ぎ去る故、誕生する為には夢で終わらない――黒を圧倒する――閾値以上の光が求められており、生きとし生けるものは全てその光を有さざるを得ないのである

 

定理二
あらゆるものの再現は総じて不可能である

 

証明二
宇宙のサイズが一定であるならば永劫回帰は起こり得るが、宇宙は膨張する。故に究極の複製技術が存在したところで、その一回目と二回目では初期値の違いから極めて微視的な誤差が生じ、零回目即ちオリジナルとの間でも当然そうならざるを得ず、これはバタフライエフェクトの考え方(万物は万物を動かす)からも明らかである

 

公理一
光は諸々の外因に拠って発生し、減衰し、それ自体で再生能力を持たない

 

結論
証明一に拠り、我々は光として存在するが、公理一に拠り、それは最大から最小へ、即ち零へ減衰し、そこから再生する能力を持たない。諸々の外因(例えば受精)に拠ってもう一度再現される可能性は残っているが、それも証明二に拠り無効であり、クローンとデジャヴは似て非なるものであり、消滅した光は二度と帰ってこない――即ち輪廻転生は存在しないのである